본문 바로가기 대메뉴 바로가기

GOSEONG-GUN

高城郡​江原道​

高城の気候とスケトウダラ

海風乾燥でより柔らかく風味豊かな高城スケトウダラ

江原高城スケトウダラが生産される江原高城郡は、西に南北に形成された山地が、東に比較的長い海岸線があるため、地形的に強い海風が一定して吹きつける地域で、日較差が大きく低湿度という条件を備えているため、高品質なスケトウダラが生産できます。

降水量・湿度、海風

  • 一般的にスケトウダラを生産する時は、少ない降水量と湿度の低さが必要とされますが、江原高城地域は、スケトウダラの乾燥シーズンである12~3月の湿度が48.2%と、近隣地域の三陟(48.7%)、麟蹄(62%)と比べて多少低い方で、スケトウダラ生産に適合した条件を持っています。
  • 江原高城地域のスケトウダラの乾燥シーズンである12~3月の平均降水量は172mmで、三陟(184.1mm)、麟蹄(105mm)などの他スケトウダラ主産地同様降水量が少なく、スケトウダラ乾燥に最適な条件を持っています。
  • スケトウダラ生産には、多少強めの一定した風が重要な要素として適用しますが、江原高城地域は、スケトウダラの乾燥シーズンである12~3月の平均風速は2.8m/sと、三陟(2.4m/s)、麟蹄(1.8m/s)より多少風が強い方で、高城地域は特に、海風の影響を受けやすい適地に干し竿を設置するため、味わいのある風味豊かなスケトウダラが生産できます。

気温・日照時間

  • スケトウダラの乾燥過程において気温と日較差はスケトウダラの品質に影響を及ぼしますが、一般的に気温が低く日較差が大きいほど品質の良いスケトウダラが生産されます。江原高城地域のスケトウダラの乾燥シーズンである12~3月の平均気温は1.9℃で、近隣地域の麟蹄 (0.9℃)と同じぐらいで三陟(3.4℃)よりは低く、スケトウダラの生産に適した地域です。
  • スケトウダラの乾燥シーズンである12~3月の平均日較差は、江原高城地域は9.0℃であり、近隣地域の三陟(8.6℃)、麟蹄(11.2℃)とあまり差はなく、スケトウダラの生産に適した地域です。