본문 바로가기 대메뉴 바로가기

GOSEONG-GUN

高城郡​江原道​

海洋深層水

海洋深層水の定義

一般的に、太陽光が到達しない水深200m以深の海水(有機物生成不可)で、有機物や病原菌類をほとんど含まず、一年を通して水温は安定的に低温を維持、また、海洋植物の成長に必要な栄養塩類が豊富でミネラルバランスが良好な海水資源を指す。海洋生態学的観点では、光合成による有機物生産速度より有機物の分解(無機化)速度が大きく、鉛直混合と人為的汚染が少ない補償深度より深い所を指すこともある。即ち、海洋深層水は、低温性、清浄性、安定性、富栄養性、熟成性などの特徴を持つ有用な海洋資源で、太陽光をエネルギー源とする物質循環系にて生成され、海水として再生及び循環する莫大な清浄資源である。

海洋深層水の4大特徴

01
低温性

海洋深層水は、年中2℃以下の水温を安定的に維持する低水温の海水である。このような特徴は、冷房/冷蔵/製氷のためのエネルギー、寒水性魚介類の種苗生産及び養殖などに活用することが出来る。

02
富栄養性

海洋深層水は、海洋植物(光合成藻類)の成長源となる無機栄養塩(窒素、ケイ素、リン酸塩など)が豊富に含まれる海水である。このような特性は、機能性食品と薬品開発のための農産物及び水産物培養、植物性及び動物性プランクトン培養などに活用することが出来る。

03
清浄性

海洋深層水は、病原菌と有害物質がほとんど含まれない清浄な海水である。大腸菌などの一般細菌による汚染がなく、海洋性細菌も表層水に比べて非常に少ない。また、懸濁水や付着生物も少ないことから、海洋深層水は、清らかで安全な飲み水や水産増養殖、食品製造などに活用することが出来、清浄で良質な飼育水の確保、夏季における蓄養水としても活用できる。

04
水質安定性

海洋深層水の水質は変動が少なく、物理化学的・微生物学的に毎年安定している。